距離:2.3キロメートル//ドライブに約5~10分到着

路思義教堂は柱1本も使わず、屋根そのものが建築自体を支える仕組みで作られて、非常に奇妙な形にしており、世界にも有名な建築で、建築家イオミンペイ(貝聿銘)の代表作の一つです。路思義教堂を中心に、キャンパスの西側から、教学区、宿舎区、活動区、牧場区に分けられ、東側では第2教学区の建設があります。