距離:7.3キロメートル//ドライブに約20分到着

台中市南屯に住んでいる栄民がペンキで描いた壁絵で有名になる彩虹眷村は,台中市政府の再開発地区に位置するため,取り除かれる寸前にフェイスブックで請願署名活動を発起した後,参加したネットユーザーが2日間に3,000名も達しました。香港籍の退役栄民・黃永阜が2008年9月2日から絵画を描き始め,自分が居住している馬祖二村をカンバスに,自分の夢を描いて昔ながらの眷村に新しい生命力を注いで,人々に虹お爺さんと呼ばれ,眷村の至る所も鮮やかで豊富な色彩が溢れて,名を広めていて,大勢の観光客が記念写真を撮るために,足をここに運んできます。